自然破壊

◆21世紀の巨大開発と希有で秀逸な里山の破壊 トヨタテストコース


みなさま

 青山貞一です。

 トヨタ自動車が愛知県の岡崎市と豊田市にまたがる
希有で秀逸な里山を破壊し、自動車の走行テストコース
それも東京ドームの141個分の広さのコースなどを
開発するにもかかわらず、また膨大な数の絶滅危惧種や
希少生物が確認されているにもかかわらず、相手が巨大
広告費をもつトヨタ自動車ということもあってか、ほと
んど記事になりません。

 また愛知県、岡崎市、豊田市は、トヨタ自動車のお先
棒をかつぎ、造成計画でも環境影響評価でもつゆ払い的
活動に終始し、反対する地権者には、行政側が裁判をか
ける始末です。

 生物多様性条約会議(COP10)を行った愛知県のお膝元
でこのような類例のない環境破壊が行われようとしてい
ます。秋口から本格造成工事に入るようです。

 この問題に取り組んでいる数少ないNPOからの依頼
で以下の動画を制作しました。ぜひ、ご試聴下さい!

◆21世紀の巨大開発と希有で秀逸な里山の破壊
 トヨタテストコース

 独立系メディア E-wave Tokyo
http://www.youtube.com/watch?v=Zj9WZtZmXmU

| | コメント (0) | トラックバック (6)